日蓮宗 法華八寸 星月一乗水晶仕立念珠 かがり梵天房 紫(K-1)

2033

6,500円(税込7,020円)

購入数

●星月菩提樹とは?
お釈迦様は菩提樹の下で悟りを開いたといわれます。
木の実の大きな穴は月を象徴し、周りの無数の黒点は星を象徴し、
一つの実の中に大宇宙の縮図があるという意味があります。
数珠に用いられる木の実の中でも最高級品の一つです。

●一乗念珠
親玉に「一」「乗」と刻まれています。
「一乗」とは、仏の教えは平等であり全ての人が成仏できると説かれた言葉です。

■サイズ  八寸(約24cm)
■親玉   水晶(すいしょう)
■主玉   星月菩提樹(せいげつぼだいじゅ)
■四天玉  水晶(すいしょう)
■ツユ玉  水晶(すいしょう)
■房の形  かがり梵天房
■房糸   正絹
■房の色  紫(K-1)軸に金糸入
※専用紙箱入
※保証書付き(1年間無償修理)
※包装・のしかけ 無料サービス

※掲載商品の色は出来るだけ実物に近づけておりますが、
ご利用のパソコン、モニター環境によって、画像の色味が異なって見える場合がございます。
予めご了承ください。

イメージはありません。